ストレスで自律神経失調症…自宅で治すブログ!

ストレスからくる症状を緩和するセラピーと生活習慣の改善・メンタルケアの紹介

ホルモンバランスを整える食べもの

季節の変わり目は、

気候の変化に身体が疲れやすく、

ホルモンバランスも崩れやすくなります。

季節の変わり目はいつもよりPMSを辛く感じたり、

お肌の調子が乱れがちな方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、

季節の変わり目に乱れがちな

ホルモンバランスを整えてくれる

食べ物をご紹介します。

なんだか体調がすぐれないな〜という人は、

「青魚」・「クルミ」・「納豆」を取り入れてみましょう!

 ホルモンバランスサポートになる食べもの3つ

(1)青魚 季節の変わり目は、

自律神経のバランスも崩れやすく、

ホルモンバランスにも影響します。

青魚に多く含まれるEPADHAには、

ストレスを和らげる働きがあることがわかっていますから、

自律神経のバランスを整えるサポートになります。

またEPADHAは、血液と血管の健康を保ち、

血流をスムーズにする働きがありますから、

冷えによる血行不良から起こる生理痛対策にも

(2)クルミ α-リノレン酸は体内でEPADHAに変換されるため、

青魚と同様の効果が期待できます。

ナッツの中では、クルミにダントツに多く含まれています。

クルミならそのまま食べることができますから、

お料理が苦手な方や外食が多い方でも取り入れやすいですね。

(3)納豆 「大豆イソフラボン」はフィトエストロゲンの代表選手です。

納豆は大豆イソフラボンだけでなく、

発酵過程でうまれたネバネバ成分(食物繊維)や、

オリゴ糖など善玉菌のエサとなる成分、

それに納豆菌自体も善玉菌と共に働き、

腸内環境をいい状態に保ちます。

腸内環境が直接ホルモンバランスに関係するわけではありません。

でも腸内環境が悪い状態だと、

その悪い状態が脳に伝わり、

身体の不調の原因となるともいわれています。

ですから、フィトエストロゲンと善玉菌のエサ、

有用菌の含まれた納豆は、

トータルでホルモンバランスをサポートする食べものといえますね。

季節の変わり目は、

身体も気持ちも疲れやすい季節です。

食生活にも気を配り、

ホルモンバランスを整えたいですね。

http:// http://lbr-japan.com/2016/09/06/107733/より